アンコール メンテナンス☆

今回のお客様は、横浜市旭区にお住まいのアンコールのユーザーです。今年のファイヤーサイド社のカタログの表紙と同じホーローのレッドです。
アンコールは、アメリカのバーモントキャスティングス社の代表的な薪ストーブです。
d0157955_16491692.jpg






アンコールのキャタリティックコンバスター(触媒)のメンテナンスをご紹介いたします。既に他のブログでも書かせていただいているので、ざざっと書いてみます。
d0157955_16532523.jpg






まずは指で示しているアンダイアンを外します。7/16か11mmのソケットレンチで外します。
d0157955_1656191.jpg






次は、スロートフードを外します。手前にスイングさせて左右どちらかにスライドさせて外します。
d0157955_16582563.jpg

d0157955_16583932.jpg






ロアーファイヤーバックを外すために、指で示しているクサビを下からハンマーでコンコン叩いて外します。クサビは左右にあります。
d0157955_1752694.jpg






ファイヤーバックの上部を手前に引くと倒れて外れます。かなり重たいので注意が必要です。本体がホーローの場合は、ぶつけて割らないように入口の周りを養生をすると取り出しやすいです。
d0157955_1791450.jpg






指で示している部分がセラミックボックスのフタです。両手でそぉ~っと引くと外れてきます。
d0157955_17162727.jpg

d0157955_17164698.jpg






すると、キャタリティックコンバスターの登場です。この部分もそぉーっと引っ張り出します。特にハニカム状のセラミック部分はもろいので注意が必要です。灰が積もっているので刷毛などできれいにします。ご使用の状態、頻度にもよりますが、ハニカム部分がボロボロだったり、3~4シーズンでの交換をおすすめします。
d0157955_1719754.jpg

d0157955_17191937.jpg






コンバスターが入っていた部分の灰も取り除きます。セラミックボックスは麩菓子みたいな感じなので、そぉ~っと扱ってください。
d0157955_17251462.jpg






次は、この部分を外します。左右にあります。(ヒートデフレクター)
d0157955_17275635.jpg






セラミックボックスの中はトンネルになっていて、そこにも灰や劣化したセラミックが堆積しているので慎重に吸引します。
d0157955_1729508.jpg






吸引後のトンネル部分です。赤い矢印の突起は2次空気サーモスタットです。
d0157955_17314664.jpg






キャタリティックコンバスターを元の位置に戻したら、ロアーファイヤーバックを戻すために指で示している溝をきれいに掃除します。セメントが残っていたりすると手こずります。後は、外した手順と逆の手順で組んでいきます。ロアーファイヤーバックがきっちり収まっていないと、スロートフードが入らないので注意してください。
d0157955_173564.jpg

d0157955_1738127.jpg






フロントドアが少し傾いているので調整します。
d0157955_17395356.jpg






この部分を外します。
d0157955_1740156.jpg






銀色のドアヒンジピンが上下にあるので、これをいじって微調整します。
d0157955_1741498.jpg






こんな感じです(∩_∩)v
d0157955_17431682.jpg






1年に1度の煙突掃除をおすすめ致します。




暖炉・薪ストーブメンテナンスのご依頼は煙突掃除ホットライン
[PR]
by chimney-sweep | 2012-05-20 17:13 | 薪ストーブ煙突掃除

薪ストーブ販売設置メンテナンス、煙突掃除、ロープアクセス高所作業、24時間換気システムダクト清掃、乾燥機ダクト清掃、マンションダクト清掃をやらせていただいております。


by chimney-sweep
プロフィールを見る
画像一覧