<   2013年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

東京都八王子市にて、バーモントキャスティングス、イントレピッドⅡの煙突掃除☆

今回のお客様は、アメリカ製薪ストーブ、バーモントキャスティングス社のイントレピッド2(INTREPIDⅡ)のユーザー様です。
d0157955_1845218.jpg






アンコールの小型版の薪ストーブで、自動温度調節機能や、未燃焼ガスをもう一度燃やすための(二次燃焼)触媒付です。
d0157955_1852968.jpg






キャタリティックコンバスター(触媒)をメンテナンスするために、青で囲んでいる部分のファイヤーバックを外します。赤の部分のボルトを緩めてクランプを90度回転させます。
d0157955_18221688.jpg






ファイヤーバックを手前に倒すと、こんな感じです。赤い部分をそぉーっと手前に引くと触媒が見えます。
d0157955_18251145.jpg

d0157955_18253668.jpg






この触媒の上に灰が積もっていると煙が逆流してきます。触媒の交換時期は、変形や、格子状のセラミック部分が崩れたり、ご使用の頻度によりますが、3シーズン使用したら交換が理想的です。
d0157955_18271274.jpg






2次燃焼室の中の赤丸部分が、自動温度調節のバイメタルサーモスタットの感知部分です。高温により少しづつ溶けて短くなってきたら、要交換です。
d0157955_1834095.jpg






炉内のダンパーハウジングを押さえているこの部分が、たまに緩んでいてガタついている場合があります。
d0157955_18373382.jpg

d0157955_1836980.jpg






その場合は、ファイヤーバックを外す場合もそうですが、リヤヒートシールドを外して、袋ナットを緩めて、固着防止剤を塗り締めなおします。
d0157955_18395559.jpg
d0157955_1840720.jpg






ストーブ本体がガタ付いている場合で、この足の部分が緩んでいる場合もありますので、要チェックです。
d0157955_18424838.jpg

d0157955_18482010.jpg






1年に1度のメンテナンスを行ない、運転温度に気を付けると長持ちします。(o^-')b





暖炉、薪ストーブメンテナンスのご依頼は煙突掃除ホットライン
[PR]
by chimney-sweep | 2013-07-12 19:06 | 薪ストーブ煙突掃除

神奈川県茅ケ崎市と平塚市にて、薪ストーブメンテナンス☆

本日は、午前中に茅ヶ崎市にて、ログハウスメーカー「BESS」さんのオリジナル薪ストーブのメンテナンスと、午後に平塚市にて、イギリスのチャーンウッド社製薪ストーブ、コーヴェ2のメンテナンスにお伺いさせていただきました。今日、梅雨があけましたね!♪
d0157955_20312580.jpg






茅ヶ崎市I様邸。運転温度も丁度良く、熱による変形も見受けられません。
d0157955_20335983.jpg






平塚市S様邸。S様邸のCOVE2は、1年に1度メンテナンスを行っているので、状態がすごく良く長持ちしそうです。
d0157955_20382286.jpg






暖炉、薪ストーブメンテナンスのご依頼は煙突掃除ホットライン
[PR]
by chimney-sweep | 2013-07-06 20:46 | 薪ストーブ煙突掃除

薪ストーブ販売設置メンテナンス、煙突掃除、ロープアクセス高所作業、24時間換気システムダクト清掃、乾燥機ダクト清掃、マンションダクト清掃をやらせていただいております。


by chimney-sweep
プロフィールを見る
画像一覧